AI技術によりデジタルトランスフォーメーションを推進し、社会的課題の解決に貢献する人材を育成

滋賀大学ではいち早く、我が国初となるデータサイエンス学部を2017年4月に開設しました。さらに2019年4月には、これも日本初となるデータサイエンス研究科博士前期課程を定員20名で開設し(2021年より40名)、方法論とデータをつなぎ価値を創造する高次の独り立ちレベルのデータサイエンティストを育成しています。続いて2020年4月に博士後期課程を開設しました。「データサイエンスに関する新たな基礎技術を生み出し、新たな価値創造の「場」の開拓につなげることができる」棟梁レベルの人材の育成をめざします。

本研究科には、さまざまな学部や企業・自治体から学生が入学し、他業種他領域の問題や問題解決の過程も学び研究できる異分野交流の場としても機能しています。教員については、統計学・情報学の方法論の専門家と社会学や神経科学を含めさまざまな科学分野の専門家をバランスよく配置し、数理・データサイエンス・AIを理論・方法の観点からだけでなく実際の問題解決の観点からも学び研究できる体制を整えています。

本学は2016年に「数理及びデータサイエンスに係る教育強化」の6拠点大学の一つに選定されたのに続き、2022年に「数理・データサイエンス・AI教育の全国展開の推進」拠点校にも選定されました。本学はデータサイエンス教育研究拠点として国内最大規模の多様な領域の教員・研究者を擁しており、今後も全国のデータサイエンス・AI教育を先導し、社会で即戦力となるデータサイエンティストの育成を推し進めていきます。

データサイエンス研究科 研究科長 清水 昌平