データサイエンス学部をめざす人たちへ

データサイエンスは、社会の多くの分野で必須の学問となりつつあります。政府の掲げる目標にも、「データサイエンス・AIを理解し、各専門分野で応用できる人材」を年間約25万人育成することが書かれています。その25万人のなかでも、データサイエンスそのものを学びの柱として、体系的に勉強する人はかなり少数の人達です。本学部は、まさにそのような人材育成の場であり、この学部の卒業生が、4年間かけて習得した知識・経験・発想を活かして、これからの日本や社会を大きく変革していくことが期待されています。 データサイエンスの魅力は、その汎用性です。地球、そこに住む生物といった自然界の生み出すデータもあれば、経済・経営活動や文化活動といった人間の日々の活動中に、意図せず生み出されるデータもあります。これからは、仮想世界で意図的に作り出されるデータも増えていくことでしょう。こうした、多様なそして圧倒的な量のデータをどう集め、保存し、分析していくのか。このための基本的な知識を身に着け、実践経験を積むことは、およそすべての分野で役にたつはずです。デーサイエンス学部のキャンパスが、文系や理系の枠を超えた、「現代の教養」の場を提供いたします。

確実な基礎のもと、実践力と倫理観を備えたデータ活用のプロへ

数理統計学や情報科学・情報工学を基礎とした確実なデータ分析力のみならず、社会や企業の直面する課題を発見し、データを通じて解決へ導く着眼力、構想力を養成します。また、得られた結果を変革(イノベーション)につなげるための行動力やコミュニケーション力をも磨き、正しい倫理観を持ち合わせたデータサイエンティストを育てます。

データサイエンティスト学部 学部長 椎名 洋

データサイエンス学部の理念

滋賀大学データサイエンス学部は、日本で初めてデータサイエンスを体系的に学べる学部として2017年4月に発足しました。情報学と統計学を中心に据え、様々な領域に溢れているデータを解析し、創造する力を高めることを目標としています。このため本学部では、文系や理系といった既存の学問の枠組みにとらわれることなく、「文理融合の価値創造の実践」を通して、多くの成功体験を積むことができるように教育内容を設計しています。

(1)設置の目的と育成する人材像

近年、情報通信技術の進展によって、社会のさまざまな分野でビッグデータと言われる多種多様で膨大な量のデータが集積され、その活用による付加価値の創出が大きな課題となっています。このような社会的な要請に応えるため、データサイエンスに焦点を合わせた日本初の本格的な学部を2017年4月に設置しました。本学部では、データサイエンスの専門知識やスキルといった理系的基礎の上に、データ利活用の現場で相互補完的な専門性を有する仲間とコミュニケーションを図りながら、データから価値のある情報を取り出し、それを意思決定に活かす能力を備えた文理融合型の人材を育成します。

(2)教育課程の特色

本学部の教育課程では、統計や情報の基礎力を身に付けるだけでなく、実際にデータの解析結果を意思決定に活かして、価値創造できる力を高めることを目的としています。このような目的を達成するため、1年次、2年次には統計学と情報工学の基礎的内容を身に付け、さまざまな応用分野におけるデータ分析の実例を学びます。それらの基礎をもとに、3年次、4年次では各種領域科学におけるデータ分析手法を学び、実際のデータを使った演習を通して価値創造の実践経験を積み重ねていきます。それに加え、各自の興味に応じ、さまざまな統計手法の数理的内容をより深く学んだり、より高度な情報処理技術を身に付けたり、より多くの分野における問題解決スキルを磨いたりできるカリキュラムを用意しています。

データサイエンス学部が求める学生

データサイエンスの応用領域は、自然科学分野ばかりではなく、むしろ人文・社会科学系分野が多く含まれるため、文理両方の素養を身に付ける必要があります。したがって、本学部では理系文系を問わず、次のような資質をもつ人の入学を求めています。

  • 高校の様々な教科・科目の学習を通して、バランスよく、文・理の基礎的知識を身に付けてきた、潜在性豊かな人
  • コミュニケーション力を有し、多様な人々と協働して、理想の未来に向けた価値創造に貢献したい人
  • 物事を筋道立てて考えることができ、人間社会や自然の現象を数理的に分析することに関心のある人
  • 情報ネットワーク、プログラミング、コンピュータグラフィックス(視覚化)などに関心がある人