学部・研究科紹介ABOUT

資格・進路

データサイエンス学部で取得できる資格

本学部では所定の単位を修得することにより、社会調査士の資格を取得できる予定です。 また、情報処理技術者試験(基本情報技術者試験、応用情報技術者試験)、統計検定(準1級、2級)、品質管理検定(2級)の合格を目指したカリキュラムを提供しています。

社会調査士 / SAS Joint Certificate Program / 情報処理技術者試験 / 統計検定 / 品質管理検定

留学制度

データサイエンスで海外へ

データサイエンティストは海外でも重宝されており、活躍の場は日本よりも多い。海外でも活躍できるよう、次のような制度等を用意しています。

留学研修制度

本学では北米、ヨーロッパ、アジア等の海外の大学と学生交流協定等を結び「海外留学支援制度」及び私費留学により1年以内の留学をすることができます。

英語教育

  • TOEIC-IPを毎年実施
  • 英語の授業を繰り返し実施
  • データサイエンス関連の論文も読めるよう、DataS cience Englishの授業を実施

卒業後の進路

現在、様々な業種でデータサイエンティストが必要とされています。 特に、理論だけでなく、実際のデータを扱った経験、実際の問題解決を行った経験のある人は分野を問わず求められています。 本学部のカリキュラムについては、多くの企業等で高い評価を得ていて、例えば次のような業種への進路が想定されます。

  • 情報通信、情報技術開発
  • 官公庁・地方自治体(統計課、都市計画課、観光課等)
  • 大手メーカーでの統計分析、情報解析部門
  • 銀行、証券会社、保険会社等の金融機関
  • 製薬、医療機関、臨床検査機関
  • 経営コンサルティング、ファイナンシャルプランナー
  • 研究者への道(大学院進学、データサイエンス、その他の諸分野)ほか