イベント一覧

データサイエンスセミナーの講演を募集しています(詳しくは上の画像をクリック)

シンポジウムなど    データサイエンスセミナー

シンポジウムなど

Conference on Education of Data Science (Hikone Campus, Shiga University)
November 1 (Wed), 2 (Thu), 2017

Purpose of the workshop: In April of 2017, Shiga University launched a new faculty of data science with 100 undergraduate students in each year. Students learn statistics and computer science as essential skills and furthermore they learn how to extract value from real data in various fields, such as business, healthcare, education and environment. We will present the idea and the curriculum of the new faculty of Shiga University and discuss needs for data scientists in Japan and other countries. Also, our plan for future establishment of graduate course will be discussed.

Invited Speakers:

  • Prof. Jung Jin Lee, Soong Sil University, Korea
  • Prof. Yuan-chin Ivan Chang, Academia Sinica, Taiwan
  • Dr. Michael Bulmer, University of Queensland, Australia
  • Prof. Xiao-Hua Andrew Zhou, Peking University and University of Washington, U.S.A.
  • Prof. Bruno de Sousa,University of Coimbra, Faculty of Psychology and Education Sciences, CINEICC, Portugal
  • Prof. Miao Huaikou, Shanghai University, China
  • Prof. Ray-Bing Chen, National Cheng Kung University, Taiwan
  • Prof. Masataka Taguri, Yokohama City University, Japan
  • Prof. Shigeru Kawasaki, Nihon University, Japan
  • Prof.Tosiya Sato, Kyoto University, Japan
  • Prof. Joe Suzuki, Osaka University, Japan
  • Prof. Hisayuki Hara, Doshisha University, Japan
滋賀⼤学データサイエンス教育ワークショップ「高等教育におけるデータサイエンス教育の新たな展開」
2017年05月18日 主催: 滋賀大学データサイエンス学部、統計数理研究所

2017年4⽉に⽇本初のデータサイエンス学部が滋賀⼤学に開設され、⽇本において深刻な⼈材不⾜が指摘されているデータサイエンティストの体系的な育成が開始されます。滋賀⼤学は2016年12⽉、⾼等教育におけるデータサイエンス教育強化を先導的に貢献する拠点校にも指定され、データサイエンス専⾨学部を有する唯⼀の拠点として、データサイエンス教育研究に取り組んでいます。本ワークショップは、滋賀⼤学データサイエンス学部の設計段階から密接な協⼒関係にある統計数理研究所と共催で、社会で求められるデータサイエンティストを育成するための実践的な教育について議論します。

オープンデータ活用推進イベント「データビジュアライズ in Otsu」
2017年03月4日 主催: 大津市 共催: 滋賀大学、滋賀銀行

平成29年3月4日は「インターナショナルオープンデータデイ」です。世界各地でオープンデータの活用推進イベントが開催されます。大津市でも、オープンデータ等を活用して、データの分析やビジュアライズを行い、地域課題の見える化に取り組むイベントを開催します。

日経ユニバーシティー・コンソーシアム 「データサイエンスが拓く未来フォーラム2017」~急進するビジネス変革の最前線と、今後人材育成の課題を探る~
2017年03月2日 主催: 滋賀大学、日本経済新聞社

ICTの進化による「ビッグデータ活用」はあらゆるビジネスや行政、教育等の現場で急速に拡大しています。今後も日本の国際競争力を維持し、経済成長を加速させるためにはビジネスの現場にてデータに基づいて課題解決する能力の高い「データサイエンス人材」が不可欠となります。大学や企業でのデータサイエンス人材の育成、活用事例やデータを活用して経営変革を実践している企業の最新事例を紹介致します。またデータサイエンスによるこれからの経営改革について議論して課題や解決のためのヒントを探ります。

Workshop on Undergraduate Education of Data Science (Hikone Campus, Shiga University)
January 18 (Wed), 19 (Thu), 2017

Purpose of the workshop: In April of 2017, Shiga University is launching a new faculty of data science with 100 undergraduate students in each year. Students learn statistics and computer science as essential skills and furthermore they learn how to extract value from real data in various fields, such as business, healthcare, education and environment. We will present the idea and the curriculum of the new faculty of Shiga University and discuss needs for data scientists in Japan and other countries.

Confirmed Speakers:

  • Christopher M. Hans, Co-Director, Data Analytics Major, College of Arts and Sciences, Ohio State University, USA
  • Myung-Hoe Huh, Statistics Department, Korea University, Korea
  • Ruttikorn Varakulsiripunth, Thai-Nichi Institute of Technology
  • Sanjay Chaudhuri, National University of Singapore
  • Lim Tiong Wee, National University of Singapore
  • Jimmy Doi, California Polytechnic State University, USA
  • Yuan Wei, Renmin University of China
  • Akimichi Takemura, The Center for Data Science Education and Research, Shiga University, Japan
滋賀大学データサイエンスシンポジウム(名古屋)
2016年09月24日

滋賀大学では来年度にデータサイエンス学部を設置予定です。本シンポジウムでは、「データサイエンスとは何だろうか?」のテーマのもとに、データサイエンスとは何なのか、滋賀大学データサイエンス学部では何を学ぶのか、について講演およびパネルディスカッションを行いました。

【プログラム】
●樋口知之(統計数理研究所所長)
  講演:「社会で求められるデータサイエンス」

●竹村彰通 (滋賀大学データサイエンス教育研究センター長)
  講演:「滋賀大学の目指すデータサイエンス教育」

【パネルディスカッション】
 「データサイエンスとは何だろうか?」
≪司会≫
佐和隆光(滋賀大学前学長、DSセンター特別顧問)

≪パネリスト≫
新井紀子(国立情報学研究所 教授・社会共有知研究センター長)
吉野 睦 (株式会社デンソー 品質管理部 TQM推進室担当次長)
吉見俊哉(東京大学副学長 大学院情報学環教授)
樋口知之、竹村彰通

滋賀大学データサイエンスシンポジウム(大阪)
2016年07月23日

滋賀大学では来年度にデータサイエンス学部を設置予定です。本シンポジウムでは,「データサイエンスとは何だろうか?」のテーマのもとに,データサイエンスとは何なのか,滋賀大学データサイエンス学部では何を学ぶのか,について以下の通り講演およびパネルディスカッションをおこないました。企業の方, 自治体の方, 受験をお考えの方々も含めた質疑もおこなわれ,盛況のうちに終了しました。

2016年7月23日 13:30-16:30 (大阪国際会議場)

【プログラム】

● 樋口知之(統計数理研究所所長)
   講演:「社会で求められるデータサイエンス」

●竹村彰通 (滋賀大学データサイエンス教育研究センター長)
   講演: 「滋賀大学の目指すデータサイエンス教育」

≪パネルディスカッション≫
  「データサイエンスとは何だろうか?」
  ≪司 会≫ 佐和隆光 (滋賀大学前学長、DSセンタ―特別顧問)
  ≪パネリスト≫
   上田修功 (NTT コミュニケーション科学基礎研究所特別研究室長)
   狩野 裕  (大阪大学 大学院基礎工学研究科教授)
   濱崎俊光  (国立循環器病研究センター研究開発基盤センターデータサイエンス部室長)
   竹村彰通,樋口知之

データサイエンス教育研究センターの開設式が行われました
2016年07月21日

7月20日、新設予定のデータサイエンス学部(仮称)の拠点となるデータサイエンス教育研究センターの開設式が開かれました。
開設されたセンターには、竹村彰通センター長をはじめ計13人の専任教員を配置しています。
当センターは、膨大なデータから有用な知見を引き出し、新たな価値を創造するデータサイエンスに関する先端的な教育研究活動を行うとともに、企業や自治体との連携、多様な大学間連携を通じて、様々な分野における新たな価値創造、社会貢献、教育開発を行っています。

データサイエンスセミナー

第34回データサイエンスセミナー
2017年11月17日(金) 13:30-14:30
223研究室(データサイエンス棟2F)
石原 宏(佛教大学)
「「箱庭療法」における視線分析の試み」
第33回データサイエンスセミナー
2017年10月27日(金) 14:00-15:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
松田 孟留(東京大学大学院情報理工学系研究科)
「特異値縮小型事前分布の理論と行列補完への応用」
第32回データサイエンスセミナー
2017年10月20日(金) 14:00-15:00
224研究室(データサイエンス棟2F)
土居 裕和(⾧崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
「行動科学における情動・感情ビッグデータの重要性」
第31回データサイエンスセミナー
2017年10月6日(金) 13:30-14:30
224研究室(データサイエンス棟2F)
野村 周平・坂元 晴香(東京大学大学院医学系研究科)
「停滞する健康指標と拡大する都道府県間の健康格差」
第30回データサイエンスセミナー
2017年9月14日(木) 16:00-17:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
小池 直・野村 英輔(株式会社マクロミル)
「消費者購買データ(QPR)のビジネスにおける活用事例とASPシステム(QPR-TRACE)について」
第29回データサイエンスセミナー
2017年9月13日(水) 13:45-14:45
320研究室(データサイエンス棟3F)
Alessio Moneta(Institute of Economics Scuola Superiore Sant’Anna)
「Macroeconomic responses to an independent monetary policy shock: a (more) agnostic identification procedure」
第28回データサイエンスセミナー
2017年8月24日(木) 13:30-14:30
223研究室(データサイエンス棟2F)
野口 公大(ウェスタンワシントン大学)
「多重比較における統計的有意性と効果量の同時表現について」
第27回データサイエンスセミナー
2017年7月19日(水) 13:00-14:00
223研究室(データサイエンス棟2F)
Marco Cuturi(Ecole Nationale de la Statistique et de l'Administration Economique)
「Regularized Optimal Transport」
第26回データサイエンスセミナー
2017年5月29日(月) 14:30-15:30
223研究室(データサイエンス棟2F)

松崎 公紀(高知工科大学)
「大規模グラフ並列処理のための関数型領域特化言語Fregel」

第25回データサイエンスセミナー
2017年5月24日(水) 13:30-15:00
223研究室(データサイエンス棟2F)
坂野 鋭(NTTデータ)
「核非線形相互部分空間法とその応用」
第24回データサイエンスセミナー
2017年5月17日(水) 13:00-14:00
223研究室(データサイエンス棟2F)
山本 博士 (株式会社スマレジ)
「商店における取引データ(POSデータ)分析の現状と未来について」
第23回データサイエンスセミナー
2017年5月12日(金) 14:00-14:40
223研究室(データサイエンス棟2F)
野口 貴啓(凸版印刷株式会社)
「凸版印刷カスタマーマーケティング部の近々の取り組みについて」
第22回データサイエンスセミナー
2017年4月25日(火) 15:00-16:00
223研究室(データサイエンス棟2F)
寺田 吉壱(大阪大学大学院基礎工学研究科)
「関数データに対するPU learningとその応用」
第21回データサイエンスセミナー
2017年3月16日(木) 14:00-16:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
Robert Delmas(University of Minnesota)
「Randomization-based introductory statistics courses and the research evidence around how these courses affect student learning」
第20回データサイエンスセミナー
2017年3月15日(水) 13:00-15:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)

木村 章展・山口 峰男 (PwCあらた有限責任監査法人)
「Statistical Techniques for Analytical Review in Auditing (1)」

第19回データサイエンスセミナー
2017年1月17日(火) 16:00-17:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
中澤 正彦(大阪税関)
「税関行政におけるビッグデータの活用の可能性」
第18回データサイエンスセミナー
2016年12月22日(木) 13:00-14:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
藤澤 栄一(近江ディアイ株式会社)
「シビックテックとデータ分析&ビジュアライズ」
第17回データサイエンスセミナー
2016年12月19日(月) 13:00-14:00
校舎棟5番教室
上村 崇(株式会社ALBERT)
「人工知能(AI)、機械学習のビジネス応用最前線」
第16回データサイエンスセミナー
2016年11月15日(火) 16:00-17:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
梅津 佑太(名古屋工業大学)
「変化点検出のためのSelective Inference」
第15回データサイエンスセミナー
2016年11月2日(水) 14:00-15:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
佐藤 彰洋(京都大学)
「データ中心科学の事例と世界メッシュ統計作成の試み」
第14回データサイエンスセミナー
2016年10月28日(金) 14:00-15:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
松浦 義昭(金沢大学)
「大学におけるRESAS教育の取り組みについて」
第13回データサイエンスセミナー
2016年10月21日(木) 11:10-11:50
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
下八重修(村田製作所)
「製造業におけるビッグデータ活用」
第12回データサイエンスセミナー
2016年10月19日(水) 15:30-16:30
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
Aapo Hyvärinen(Gatsby Computational Neuroscience Unit, University College London / Department of Computer Science, University of Helsinki)
「Unsupervised Feature Extraction by Time-Contrastive Learning and Nonlinear ICA」
第11回データサイエンスセミナー
2016年9月29日(木) 16:00-17:00
DSラーニングコモンズ(データサイエンス棟1F)
吉田裕司(滋賀大学経済学部ファイナンス学科)
「Stepping out of the limit order book: Empirical evidence from the EBS FX market」
第10回データサイエンスセミナー
2016年9月15日(木) 13:30-14:30
DSラーニングコモンズ
公認会計士 山口峰男 (PwCあらた有限責任監査法人 PwCあらた基礎研究所)
公認会計士 木村章展 (PwCあらた有限責任監査法人 品質管理本部)
 「会計監査におけるデータアナリティクスの展望と求められる新しい人材」
第9回データサイエンスセミナ―
2016年8月31日(水) 13:00-14:00
DSラーニングコモンズ
Dou Xiaoling(早稲田大学 理工学術院 国際教育センター)
 「Baker distribution, Bernstein copula and B-spline copula」
第8回データサイエンスセミナ―
2016年8月10日(水) 13:00-14:00
DSラーニングコモンズ
齊藤 秀(株式会社オプトホールディング)
 「オンラインデータ分析コンテストによるデータサイエンス人材の育成について」
第7回データサイエンスセミナ―
2016年7月27日(水) 11:20-12:00
本部管理棟3階 会議室1
浅海 滋康・山川 朝賢(株式会社アイディーズ)
 「ビッグデータ分析クラウドによるエコシステムの構築」
第6回データサイエンスセミナ―
(経済学部講演会と合同開催)
2016年6月13日(月) 15:00-16:00
本部管理棟3階 大会議室
Jimmy Doi (Department of Statistics, California Polytechnic State University)
 「Web Application Teaching Tools for Statistics Using R and Shiny」
第5回データサイエンスセミナ―
2016年6月9日(木) 10:30-11:30

北廣 和雄 (積水化学工業)
 「自己紹介,これまでの経験と品質管理とのかかわり,学部のなかで貢献していきたい視点」

竹村 彰通 (滋賀大学データサイエンス教育研究センター)
 「ビッグデータの活用のしくみとデータサイエンティストの育成 - 第102回品質管理シンポジウムでの議論から」

第4回データサイエンスセミナ―
2016年5月23日(月) 10:30-11:30

畑山 満則 (京都大学防災研究所)
 「防災・災害対応で求められるデータと分析」

梅津 高朗 (滋賀大学データサイエンス教育研究センター)
 「車車間・路車間通信で目指す快適で安心な道路交通環境」

第3回データサイエンスセミナ―
2016年5月18日(木) 10:00-11:00

小郷原 一智 (滋賀県立大学工学部)
 「火星-気象-データサイエンス」

田中 琢真 (滋賀大データサイエンス教育研究センター)
 「大脳皮質の神経回路を情報の観点から見る」

第2回データサイエンスセミナ―
2016年5月12日(木) 15:00-16:00

加藤 博和 (名古屋大学大学院環境学研究科)
 「人にも地球にもやさしい持続可能な地域・交通を実現するために」

田中 勝也 (滋賀大学環境総合研究センター)
 「ソーシャル・キャピタルが地方創生に与える影響 - 市区町村GISデータによる空間計量分析」

第1回データサイエンスセミナ―
2016年4月21日(木) 14:00-16:00

白井 剛 (長浜バイオ大学バイオサイエンス学部)
 「構造インフォマティクスで探る”病気になる原因”」

田中 佐智子 (滋賀医科大学医学系研究科)
 「がん・循環器疫学における統計手法の開発」

和泉 志津恵 (滋賀大学データサイエンス教育研究センター)
 「生体マーカーを用いる疫学研究やMOOCを取り入れた統計教育のデザイン」

松井 秀俊 (滋賀大学データサイエンス教育研究センター)
 「経時測定データに対する統計的アプローチと遺伝子データ解析」